幸せになりたくないなんて…

ご相談の前に「幸せになりたいです!」メッセージをいただいたので
おぉやる気あるな!といざコンタクトを取ってみると
幸せになることに抵抗のある方やもっとひどいのは憎悪すら感じている方がいます
もちろん本人は気づいていないんだよね
 
どうしてわかるのかというと
幸せになるためのとっかかりをどんなにお伝えしても

「でも…」
「それは分かっています」
「できないと思います」
と真っ向否定されます…


私は仕事なので諦めませんがこういう方は同じことを周りの人にもしています
せっかくの友人からのアドバイスにも

「でもさぁ…」
「分かっているんだけどぉ」
「それは無理!できない!」
 
…3回も否定すれば当然見捨てられちゃうんですね


「友達に話してもわかってもらえなくて…」そりゃ当たり前ですよ…


 
幸せとか自由とかポジティブとかこれらの言葉にアレルギーがある人は意外と多いねぇ
自分の幸せとか考えたこともない代わりに
周りの幸せそうな人 
自由を満喫している人 
ポジティブな人を恨めしそうに眺めながら

 
「そもそも全て誰かの犠牲の上に成り立っているくせに…」とフツフツと怒りを湧き立たせているんです

 
その犠牲者の一人が私だぁーーーーー!とココロで叫んでいます
その叫びが本人を通り越してミヤウチのところに届いてしまっているわけ
私も会社員の頃ノー天気な部下の始末書をブチ切れながら書いていましたけどね
「ふざけんな お前の尻拭いしてんの誰だと思ってんだアホ」と毒づいてましたし(笑)
当時は自称「ポジティブな奴アレルギー」でしたので

 
全て誰かの犠牲の上に成り立っている
この見解は正しいです
人は必ず誰かに迷惑をかけて生きているものだから
被害者意識を持っているあなたもですよ


避けられないことにイライラしたって仕方ないし
周りの幸せそうな人より幸せになってしまえばそんなイライラもなくなるんだがなぁと思います

 
誰かに迷惑もかけてるけど…誰かにも愛されてもいるんですぜ
忘れなさんな

周りの幸せそうな人が本当に幸せなのか
自由を満喫している人は本当に自由なのか
ポジティブな人は本当に悩みひとつないのか
これは本人にしかわからないです


それを知らないあなたがイライラする必要はないはずです


カサンドラさんの中にも 
「パートナーは前向きで過去を振り返らない人です!」
とても憎々しげにおっしゃる方がいます

 
「前向きで過去を振り返らない人?え?・・・素敵な人じゃん」
当然周りの人はこういう反応するでしょう?
だからカサンドラさんは孤立を深めます
ご自身の言葉の使い方がおかしいことにまず気づきましょう


パートナーの行動パターンにも必ず原因はあります
これも本人にしかわからないですからあなたが理解しようとしても限界があります


こじれている相手について「何を考えているのでしょうか?」「原因は何でしょうか?」とミヤウチに聞いてくる方もいますが
仮に「原因は壮絶な過去や孤独感です」と答えたところで「ならいいや!一生このままで二人で生きていきます!」となりませんよね?
  
結局「自分はどうしたいのか」にしか答えはありません
どうしたいのかをかんがえても
次は「どう行動していいのか」で皆つまづいています
人は自分が学んできたこと(経験)からしか答えを出せないですから


あなたが自分の経験をどう扱うのかが重要です
失敗を繰り返しているなら経験はガラクタの山
失敗を活かし成功を掴める自分になれば人生は宝箱です