パートナーシップ
再構築セッション

人間関係はダンスに似ている
パートナーとの間には明らかに
エネルギーが交錯している

――――コレット・ダウジング

パートナーシップとは、夫婦、親子、兄弟、恋人、友人、仕事仲間・・・と様々な対人関係を指しています。対人関係でトラブルは、人間にとって最大のストレス。ストレスは決断力を鈍らせ、行動力を奪います。ここから生まれるわずかな違和感が、さらに誤解を生んだり、こじらせたり・・・これでは、いつまでもストレスが延々と続き、良好なパートナーシップの形を見出すことはできません。
上手に人間関係が築けない時は、どうしても相手を責めがちです。1対1の人間関係においては双方に原因があり、どちらか一方にだけあるという考えは偏っています。時間の経過で積み重なってきた互いのストレスや人生で経験したトラウマなどが人間関係の構築には大きく影響しているからです。
パートナーとの関係性を再構築することを望むならば、自分自身が長く抱えてきた苦痛は何かに気づくことから始まります。

このようなお悩みはありませんか

 家族関係で育った生きづらさ

  • 「自分を大切にしましょう」と言われても何をしていいのかわからない
  • 「しっかり者」「いい子」と言われるが本当は違うと思い続けていて辛い
  • 子どもの頃の辛い経験が忘れられず苦しい(PTSD・トラウマ)
  • 素直に正直に生きることは罪だと感じている

 友人や職場関係で・・・

  • 人から大事にされていないと感じてしまう
  • 他人に尽くして喜ばれても満たされない思いがある
  • いつも他人と自分を比べては落ち込む
  • 意見を言えずに人の言いなりになってしまい後悔する
  • 自分をコントロールできず周りに迷惑をかけてしまう

 恋人や夫婦の間で・・・

  • 恋愛・結婚で同じ失敗を繰り返していると後で気づく
  • 寂しさや依存で判断を間違ってしまう時がある
  • DV・モラハラ・不倫(浮気)をされても別れられない

パートナーシップの改善の第一歩は、これらのストレスから解放されることからです。

改善へのステップ

自分の問題を整理する

日々の苦痛に流されてご自分と向き合うことがおろそかになっていませんか。
「自分は何が苦しいのか」
「何が問題なのか」
を自覚するためにも、まず専門家にご相談を。

気づきを起こす

今までなかったことにしたり、自らが課していた抑圧に気づきます。
抑圧は様々な認識のズレや誤解を生みだします。
認知のゆがみを矯正して本来あるべき自分の姿を見つけていきます。

自分を動機づける

感情の抑圧・認知のゆがみが改善されると、自分は「何がしたい」「何を伝えたい」という行動が円滑になっていきます(自発性の回復)。

パートナーを新しい視点で認識する

パートナーの言動を冷静に受け入れ、言動パターンを発見したりする日々が相互理解をはぐくみます。

自分たちに合ったコミュニケーションを見出す

解決方法は一つとして同じではありません。ネットや本にある一般論に流されず、自分の答えにOKを出せる状態を目指します。

改善のステップを基本に、ご相談者様の状態に合わせながらセラピーとカウンセリングを行なっております。

克服体験談

再構築セッションを受けた方の体験談です

お客様の声

Customers reviews

あれから、パートナーとの関係はおおむね良好です。(笑)
以前なら、この「おおむね」が納得出来なかった私ですが、今では、まぁ他人なんだから…と笑って話している自分が愛おしいです。
北海道・M様
セラピー後、不思議な程 夫婦関係が変化し、改善したのでびっくりです!!
まず主人から話かけてくれる事が増えました。「どうせわかってくれない」と言う思いに駆られる事が無くなりました。
東京都・O様

カサンドラ症候群とは

カサンドラ症候群とは、アスペルガー症候群の夫(グレーゾーンも含む)の間に「共感する」といった情緒的な関係が築けないため、身体的に精神的に何らかの症状が出ている状態をいいます。

夫のことを友人や自分の親に訴えても

「あんなに優しそうな旦那さんなのに信じられない」
「そんな旦那さんはどこにでもいるよ」
「あなたの我慢が足りないのでは」
「結婚する前に普通気づくでしょ」

そんな言葉に傷つき、うつの症状や体調不良を悪化させてしまうことも。

アスペルガー症候群を含む発達障害について認知度が上がりカサンドラ症候群の認識についても少しずつ広がりを見せています。

発達障害の診断をしてもらえる医療機関は増えましたが、必ずしも診断されれば解決できるわけではありません。大人の発達障害は生育環境も大きく影響しており、障害の特性が純粋に現れている方はむしろ稀で、周囲が困っているのは、後天的に現れた二次障害や問題行動だったりします。

今、多くの情報があふれる中で、カサンドラ症候群の方で極端な認識をお持ちの方が増えています。

それは、「関係悪化の原因はすべてパートナーの障害にある」と言い切ってしまう方です。パートナーの「コミュニケーションがうまく取れず共感性が乏しい」ことはもちろん原因の一つですし、「そうでも思わないと自分だけがが耐え続ける生活なんて、あまりにも理不尽だ」という気持ちもお察しします。

多くのカサンドラ症候群の方のご相談を受ける中で実感したのは、カサンドラ症候群になる方にはいくつか共通点があることでした

カサンドラ症候群の方の気質が改善されると、それに影響されるかのようにパートナーとのコミュニケーションに変化が起きたというご報告を多くいただいています。

パートナーとカサンドラさんとは非常にプライベートな1対1の関係であり、一般論的な障害の見解をはめ込むだけでは、お二人の関係性を解決できません。
何を基準にしてカサンドラ症候群が「改善した」「克服した」と言えるのか。
婚姻生活をつづけながらも別居を選ぶ方、離婚をされる方など、お二人のゴールは今まで良しとされてきた家族観ではない場合があります。

いずれにせよ、一人で悩まず客観的視点を持てる専門家にご相談ください。

トークの会

オンラインでカサンドラさんたちとお話しませんか

お客様の声

Customers reviews

主人が…フツーに「優しく」話しかけてきました!私は何も変わってないのに、なんで?すごすぎるんですけど!カラクリはよくわかりませんが、嬉しいことに間違いありません!
京都府・S様
セラピーを受けてから、私自身の思いぐせも強いのかなと、気づきました。たしかに、色々なことをされたので、 また、何かやる、何か言ってくると、すごく身構えてました。夫の存在に怒りしかなかった。自分で自分の感情に振り回されてたんですね。
埼玉県・F様

30分無料相談を
一度ご利用ください
あなたの疑問にお答えします

またはLINE登録

MENU
PAGE TOP