エモーション(感情)を
フリー(解放)する

エモーションフリーとは感情を解放するセラピーです。
ネガティブな感情を解放することで今までの価値観や思い込み、信念を変えていきます。

私達は人生で経験を記憶する時は常に感情を伴っています。特にネガティブな感情は心にインパクトを残します。

始めは小さな不安や寂しさ、恐怖心などの感情がやがて「世の中は/社会は/人は…」と様々な対象に当てはめるようになっていきます。

これがあなたを苦しめてきた価値観です。

価値観はいつでも行動を決める判断基準になります。一度出来上がった価値観や思い込みは気づかないところでフラッシュバックしているため強い信念へと変わり、物事の捉え方を切り替えるのは次第に難しくなります。

「また失敗するかもしれない」
「また嫌な思いをするかもしれない」

そう思うと身体の緊張が起こり、判断力やパフォーマンスが落ちてしまいます。結果として失敗の経験が増え、人は更にネガティブな価値観を揺るがないものへと育てていきます。

エモーションフリーはネガティブな感情と連動して起こる「身体の反応」を止めます。

人は身体に緊張が起きると感情が蘇るという反応が起きています。
ですから身体の緊張を同時に解放して今までの価値観や思い込みを呼び戻せない状態を作りだすのです。

過敏に反応してきたことが「どうでもいい」に切り替わるので気持ちが楽になります。
楽になるとはストレスがない状態です。脳はストレスを嫌うので「あ、これは気持ちがいい」と学習し新しい価値観を受け入れます。
新しい価値観によって自然と行動が変化していきます。行動が変わると周りの人間関係が変わります。

他の心理セラピーと
違う点は?

身体反応を変えて記憶を変化させる

私達の記憶は感情によって意味合いを変えていることが多くあります。身体の反応を変えることで感情が想起されることを止めるので辛い記憶からの圧迫感が消えます。

一度解放した感情はぶり返さない

心理学カウンセリングではご相談者様の思い出せる記憶でしか原因の追求をできないため根幹にたどり着けません。エモーションフリーでは独自の原理で記憶に上がらない原因にたどり着き解放していきます。

人間の構造にアクセスしている

心理学は実体のない”心”へのアプローチです。エモーションフリーでは身体と脳の関係から感情と向き合います。より確実に解放できる仕掛けです。

世界がいつの間にか変わっている

セラピーの後「自分は何をしたらいいのか」と敢えて行動を改めようとしなくても、感情の変化が自分の態度を自然と変え、結果として現実が変わります。現実は自分が全て作っているのです。

遠隔で出来る

ご相談者様の状態をセラピストが投影できるので双方の存在が確認できていれば、遠隔で行なえます。オンラインでのセラピーが可能です。

セルフセラピーとしても使える

道具はいりませんので原理を覚えればいつでもどこでも使えます。